宇都宮市の歯科/江俣歯科医院/抜歯をしない治療法

江俣歯科医院

宇都宮市の江俣歯科
ご予約:028-643-2525

フェルール効果

Ferrule

神経を抜いた歯(失活歯)の被せもの(クラウン)のトラブルはコア(支台築造)と呼ばれる土台からから外れることが多いです。防止策にファイバーポストで治しても効果はありません。原因はフェルール効果がないためです。フェルールとは神経を抜いた歯(失活歯)に被せ物を装着する際に、被せ物の縁よりも上に健康な歯牙部分が高さ2mm(歯槽骨から5mm)、幅1mm、が必要だと考えられています。また無理に治療しても、精密な印象採得(型をとること)を行うことができず、適合の良いクラウン(被せ物)が作れません。その結果は、クラウンと歯の間に不適合な隙間が出来て、そこから虫歯が再発してしまいます。そのためには矯正的挺出(エクストルージョン)や歯冠長延長術(クラウンレングス)などの方法で『フェルール』を確保します。またフェルールを確保することは歯根破折を防ぐ効果もあります。

  • 抜歯をしない治療法

    フェルール効果がない歯

  • 抜歯をしない治療法

    フェルール効果がある歯

今回のケースは前歯をセラミッククラウン(自費治療)で治したが、何度もとれてしまうということで来院しました。

  • 抜歯をしない治療法

    初診時の状態です。フェルールがありません。このままファイバーポスト、セラミッククラウンで治してもまたとれるでしょう。歯根破折する可能性も。

  • 抜歯をしない治療法

    矯正的挺出をおこないます。


  • 抜歯をしない治療法

    そのあと歯冠長延長術をおこないます。

  • 抜歯をしない治療法

    2mmのフェルール効果ができ、ファイバーポストがはいりました。


  • 抜歯をしない治療法

    セラミッククラウンがはいりました。
    『フェルール』を獲得することが、『被せ物の安定』には欠くことのできない必須条件です。

エクストルージョンとクラウンレングスニング

歯は「歯槽骨」という骨の中に埋まっていますが、虫歯や歯が割れた部分がこの歯槽骨に埋まっているところまで達してると(C4ともいいます)、治療は出来ません(抜歯になります)。しかし「エクストルージョン」という方法や、「クラウンレングスニング」(歯冠長延長術)という方法で健康な歯の部分を歯肉の上に出すことが出来れば、歯を抜かずに残すことが可能な場合もあります。(症例によっては抜歯になることがありますので、しっかりした診査、診断が大切です。

エクストルージョンとは、歯肉の下に虫歯や歯が割れている場合に矯正で歯を引っ張り出して、虫歯や歯が割れた部位を歯肉の上に出すことを目的として行ないます。

クラウンレングスニング(歯冠長延長術)とは、歯ぐきや歯槽骨を削ることによって(歯周外科)、虫歯や歯が割れている部分を歯肉の上に出す治療法のことです。

エクストルージョン

  • 江俣歯科医院

    1:歯の根の部分だけが 残っている状態。

  • 江俣歯科医院

    2:残った歯に フックのようなものをつけ、
    ゆっくりと引っ張りあげていく。

  • 江俣歯科医院

    3:歯周組織が修復される

治療例を
ご覧ください

クラウンレングスニング

長持ちするクラウン(被せ物)は、歯槽骨から5mm以上の歯質が必要です。

  • BEFORE

    クラウンレングスニング
  • AFTER

    クラウンレングスニング