江俣歯科医院

宇都宮市の江俣歯科
ご予約:028-643-2525

前歯の骨が薄いときのインプラント スプリットクレスト法

インプラント手術において一番頻繁に問題となることはインプラントを埋入するのに十分な骨量がないことです。とくに前歯は骨の高さには問題ないですが、幅が不足してることがおおいです。このようなとき骨の頂上部にクサビのような形の特殊な器具を挿入しながら、少しずつ骨幅を広げインプラントの埋入が可能な状態にします。スプリットクレスト法という骨造成法です。

Before
スプリットクレスト法

赤丸の部位にインプラントを埋入する予定です。

スプリットクレスト法

赤丸の部位のCT検査像です。骨が先細りしているのがわかります。

スプリットクレスト法

CTデータをもとに、インプラントの埋入をシミュレーションし、精密な計画を立てます。前歯のインプラントで難しいのは、埋入位置が0,5mmと狂うと取り返しがつきません。

スプリットクレスト法

ピエゾサージェリー(超音波医療機器)で骨を安全に切削し、骨の頂上部にクサビのような形の特殊な器具を挿入し、慎重に二分割して骨を広げます。このときが一番神経が集中します。

スプリットクレスト法

骨を2分割しそのなかに、理想的な位置インプラントの埋入終わったところです

スプリットクレスト法

レントゲン像です。

After
スプリットクレスト法

術後のCT画像が重要です。シュミレーションとほとんど同じ位置に埋入できました。

スプリットクレスト法 スプリットクレスト法

前歯のインプラント治療は、他の部位の治療とは異なり骨造成や歯肉の移植など、難度の高い治療になることが
多いです。