江俣歯科医院

精密根管治療例

神経を取った歯の根が痛くなったり膿んできて根の治療をやり直します。この一連の治療を根管治療、歯内療法と言います。根管治療は確実に成功するには無菌的操作が重要です。無菌的操作を可能にするものは唯一ラバーダム防湿です。ラバーダム防湿とは、治療する歯だけを露出させてお口全体をカバーするゴムのシートを使用します。

当院では セラミックインレーやラミネートベニヤ等の接着審美治療、精密根管治療を受けていただく患者さんは、できるかぎりラバーダム防湿をおこうようにしています。

治療前
根管治療

冠をはずして根管治療をはじめたら、歯質が残っていません。

根管治療

隔壁がないとラバーダムが装着できませんので、まずは隔壁から作ります。残っている歯質が少なくラバーダム防湿が困難で洗浄も充分出来ない場合、歯の周りにバリアとなる仮の土台のような物を接着することを隔壁といいます。

根管治療

ラバーダム防湿をしました。

根管治療

根管乾燥には滅菌ペーパーポイントを使用します。