江俣歯科医院

下がった歯肉の治療(エムドゲインを使用した根面被覆)

歯列不正や、歯軋り・強すぎるブラッシング圧で歯肉が退縮してしまう事があります。特に前歯部においての歯肉退縮は、“審美的に大きな問題”となります。その対処法として、結合組織を用いた『根面被覆術』があります。最新の研究論文でエムドゲインを使用しての歯肉結合組織移植(CTG)でよい結果が報告されていますので、今回その施術を行いました。

治療前
エムドゲインを使用した根面被覆
エムドゲインを使用した根面被覆
エムドゲインを使用した根面被覆

エムドゲインは歯周組織再生誘導材料のことです。子供のころに歯が生えてくる際に重要な働きをするたん白質の一種でできています。 歯周外科手術の際に、手術部位にエムドゲインゲルを塗布することで、初めて歯が生えたときと同じような歯周組織の再生を促進し、破壊された歯周組織を再生させることができるようなりました。

術中

エムドゲインを塗布し歯肉移植(結合組織をもちいた根面被覆)をおこないました。

エムドゲインを使用した根面被覆
治療後
エムドゲインを使用した根面被覆

エムドゲインを塗布し上顎から歯肉移植(結合組織をもちいた根面被覆)をおこないました。

反対側も行いました。

術中
エムドゲインを使用した根面被覆 エムドゲインを使用した根面被覆

顎犬歯(糸切り歯)には対処療法としてコンポジットレジンが充填されています。